こんにちは。

イラストレーターのかもえあおい(@aoteen__)です。

avatar
あおい
iPadの保護フィルムを貼ってたけど、つるつるして描きにくいんだよね…
avatar
メガネ君
めっちゃわかる。線描くと滑るから上手くまっすぐ描けなかったりするよね。

そんな方には、ペーパーライクフィルムがおすすめです!

私もまっすぐな線が描けなくて何度も何度も線を描き直していたりしましたが、遂に!ペーパーライクフィルムを購入しました!

かなりイラストは描きやすくなったので、そのメリットを紹介しつつ、ここがちょっと…というデメリットもご紹介します。

結論から言うとかなり絵がかなり描きやすくなったので買ってよかったと個人的には満足しています!

\私が買ったフィルムはこちら/

スポンサーリンク




iPad用ペーパーライクフィルムは種類がいっぱい!?

Amazonをいろいろと物色していたんですが、種類が多すぎて迷いました…。

結局選んだのが、日本のメーカーのベルモンドという会社が作るフィルムです。

選んだ理由は、大きく分けて3つ。

  • ペン先の消耗を抑えられる
  • 購入から18ヶ月以内であれば無償で交換
  • 反射防止加工

ペーパーライクフィルムを使うとかなりペン先は削られると聞いていたので、ちょっとでも抑えられそうなこちらをチョイス。

そして、18ヶ月以内であれば、壊れてしまった時に新品と交換してくれるという太っ腹さ。

あと、前使っていたブルーライトカットのガラスフィルムは反射して描きづらかったので、反射防止加工がついているというのもGOOD!

しっかりとした描き心地が欲しい!という方はこちらの上質紙もあるので検討してみてください♪

ちなみに、私は最新のではない、ボタンが付いてるタイプの10.5インチのiPadを使っています。

※最新のiPadを使っている方はサイズが違うので必ず確認してくださいね!

\11インチ用(2020・2018)/

\12.9インチ用(2020・2018)/

iPad用ペーパーライクフィルムの付属品

オシャレな袋に入って我が家に到着したフィルムさん。

中を開けてみると…

フィルム、気泡が入らないようにするためのカード、黒いアメニティーのような袋が入っていました。

黒い袋には…ほこり除去シール、ウェットシート、メガネ拭きみたいなやつが入ってます。

一応使い方は袋の裏にかなりわかりやすく書いてあるので、ここでは割愛させていただきます。

画面を綺麗にしたら、気泡が入らないようにゆっくり張り付けていきます。

貼ると画面が真っ青に!!!w

え…っと思った私ですが、説明書読むと青い保護シールは剥がせと書いてあったので、端っこからそぉっと剥がしてみるとペラペラぺラ…

※ゆっくり剥がさないと下のフィルムまでくっついてくるので気を付けて下さい!

おおおおおお!!!

ざ…ザラザラしている…!(笑)

iPad用ペーパーライクフィルムのメリット

名前のごとく紙に描くような書き心地

ペン入りや、ペンはね、止めなどでミミズみたいにニョロっとなるのが解消されました(笑)

あれ地味にストレスだったんですよね。

紙に描くときのように、スルスルと描けるし、滑ることもなく、線画が一発で綺麗に描けるようになりました。

特に漫画を描くときはかなり助かっています!

実際に使用してみて、ずっとお絵描きしていたいような描き心地で、本格的だなと思い驚きました。

表示がぼやけるか心配でしたが見やすかったです。

Amazonレビュー

画面にペン先があたるカツカツ感がなくなった

これも結構ストレスに感じる方多いのではないでしょうか?

画面にペン先があたるときにカツカツ音がどうしてもなってしまうんですよね…

でも、このフィルムを付けると音は気にならなくなりました。

画面に描いているというよりは、むしろ紙に描いているような感覚で描けちゃうので、かなり描きやすくなりました。

文字が上手く書ける

ガラスフィルムのようなつるつるしたものだと、どうしても文字を書くと滑ってしまって上手く書けないんですよね。

でも、こちらはケント紙にホントに近い描き心地で、絵を描くときもそうですが、文字を書くときにより恩恵を受けます(笑)

滑るということがないので、紙に書くような感覚で文字もスラスラストレスなく書くことができます。

ガラスフィルターの時にはつるつると滑ってしまい、ただでさえ汚い字が、手書きだと目も充てられない感じだったのですが、

これだと適度に摩擦があって、本当に紙に書いているような感じで書き込めます。

Amazonレビュー

iPad用ペーパーライクフィルムのデメリット

ガラスフィルムよりはペン先の消耗が早い

描いていてわかるくらいペン先の消耗は早そうです。

なので、どうしても筆圧を強く描くのに抵抗があって色塗りはしにくいなぁといった印象を受けました。

線画を描くにはもの凄く助かるのですが、着彩は結構慣れるのに時間がかかりそうです。

画質が少し劣る

ガラスフィルムでずっと作業していたので、透明なのに慣れていたのですが、こちらのペーパーライクは少~し画面が薄くなるような…

そんなに気になるほどではないんですが、画質重視の方はちょっときになっちゃうかも…?

私の場合は結構明るさを上げて作業するので、全く気になりませんが、明るさ暗めで作業する方は少しストレスを感じてしまうかもしれません。

結論:絵を描く私には合っていた

ちょっと拡大して暗いので見にくいかもですが、こんな細かい描写も描けました。

こういう背景付きの細かい描写のあるイラストだとすこし着彩するときに塗りにくいなぁという感じは正直あります。

ただ、それ以上に線を描くときのはねや止めなどがかなり描きやすくなったので、かなり気に入っています。

これでまたガラスフィルムに戻すとなるとちょっと描きづらいだろうなぁという感じもするので、しばらくはこちらを愛用します!

まとめ

ペーパーライクフィルムを貼ることでかなり絵が描きやすくなりました。

正直もっとザラザラしていて描きにくいんじゃないかな?って思っていたので、実際の描き心地に感動しました!

他のレビューの評価が高いフィルムも検討しましたが、そちらを使って分厚く、反応が悪くなった、画面の解像度がかなり下がって見えるなどの口コミがあったので、今回はこちらを選んでみました。

今のところなんの問題もなく快適に使えています!

iPadの画面がつるつるして描きにくい、字が書きにくいと悩んでいる方がいれば是非一度使ってみていただきたい商品でした。

avatar
あおい
Amazonから飛べば簡単にバージョンを選択できるようになっています。